歌詞

お江戸の色女

長山洋子

作詞
仁井谷俊也
作曲
影山時則

花のお江戸の 日本橋

産湯つかった 絹の肌

粋な小紋で 流し目送りゃ

下町すずめが 噂する

気障な誘惑は まっぴらだけど

惚れりゃ一途の 深なさけ

鬢のほつれた うなじのあたり

年増盛りの 色気が匂う


月は十六夜 大川に

遠く聞こえる 三味の音

忍ぶ恋路の 八丁堀と

ふたりで猪牙舟 柳橋

野暮な男衆の やさしさよりも

惚れたあんたに 妬かれたい

酒にほんのり 目許を染めて

仇な仕草が 男をそそる


筑波山にも 朝陽が当たりゃ

そっと解いた 腕まくら

浮気封じに あんたの胸に

紅で名を描く 大江戸そだち

提供: うたまっぷ