歌詞

北冬挽歌

歌川二三子

作詞
里村龍一
作曲
岡千秋

風の竜飛に 夕日が落ちて

あんた恋しと ゴメが哭く

墨絵ぼかしの 津軽の海は

やがて漁り火 船がゆく

ハァ~ 沖が時化たらョー

ハァ~ 火照った 躰が せつないよ

あんたと唄った あいや節

寝床に響いて ひとり泣く ひとり泣く


せめてあんたの 飲む酒だけは

肌で温めて やりたいさ

のぼり列車の 呼ぶ声聞けば

飛んで行きたい 雪の中

ハァ~ おんな盛りにゃョー

ハァ~ ひと冬 我慢が 侘しいよ

あんたが出かせぎ 行ったあと

私のこころは 冬の海 冬の海


ハァ~ 離ればなれはョー

ハァ~ 今年で終りに しておくれ

雪解け季節を 夢にみて

あんたの枕と 添い寝する 添い寝する

提供: うたまっぷ