歌詞

出発の朝

五木ひろし

作詞
吉本哲雄
作曲
五木ひろし

例えて言えば 雪一夜

凍えて絡む 未練髪

背中の泣き顔 見えなくて

無理に作った 嘘笑い


影を追うのは もうおしまい

後ろを見るのは もうおしまい


凍てつく心が ときめいて

梅の蕾が 頬を染める

花の嵐が 散り急ぐ前

春が来る朝 今日が出発

出発の朝…


例えて言えば 雨一夜

氷雨に濡れる 軒行灯

蛇の目の透き間に 見え隠れ

後ろ髪引く 戻り橋


影を追うのは もうおしまい

後ろを見るのは もうおしまい


凍てつく心が ときめいて

梅の蕾が 頬を染める

花の嵐が 散り急ぐ前

春が来る朝 今日が出発

出発の朝…

提供: うたまっぷ