歌詞

浪花春秋

鏡五郎

作詞
もず唱平
作曲
叶弦大

通天閣を見上げる町で

お前に逢ってほだされて

ゴンタ納めた 二十一

浪花春秋 八方破れ果ての果て

凌ぐ情がオレにはあった


世間のそしり背にうけながら

お前と越えた 山坂は

あかり憚る 獣道

浪花春秋 切ない夜は願かけて

この掌あわせた あゝ法善寺


人より勝るところはないが

お前と酒をくみかわす

宵の一献 宝だよ

浪花春秋 これから先もその先も

縁でこそあれ 夫婦の絆

提供: うたまっぷ