歌詞

元禄花見踊り

原田ゆかり

作詞
ちあき哲也
作曲
杉本真人

女がひとり 手酌で呑んで みっともないね

唐紙ごしに ひそひそ 誰の声…

ほろ酔い箸で 来ぬひとの名を お膳に描けば

大川端に 暮六つ 鐘が鳴る

わたし 未練だわ…

ま いっか

踊っちゃいましょ 吉原ジルバ

どうせ浮世は お花見騒ぎ

エェそうかいな ヤレそうかいな

涙は野暮かいな

地味な紬を ピンクの帯に

今日からさくらと 名乗ります エェ エェ…


忘れろなんて かえって忘れられなくしたわ

上方訛り 流し目 悪い指…

お三味の稽古 心もそぞろ 身が入らない

さっきもバチで お師匠さんに 叩かれた

わたし バカなのね…

ま いっか

パッとやりましょ 吉原マンボ

男断ちなど 元禄遅れ

エェそうかいな ヤレそうかいな

寝床も春かいな

立てた操は もう花吹雪

お耐という名は 棄てました エェ エェ…


ま いっか

パッとやりましょ 吉原チャチャチャ

どうせ浮世は お花見騒ぎ

エェそうかいな ヤレそうかいな

踊らにゃ損かいな

可愛い陰間と 絵日傘さして

ハッピー ハッピで踊りましょ エェ エェ…

提供: うたまっぷ