歌詞

華があっての人生さ

歌川二三子

作詞
里村龍一
作曲
岡千秋

指をまるめて 世間を見れば

猫にこび売る 子ねずみばかり

見栄が七分で 生きてくよりも

誠三分を 抱いてゆけ

風に散ろうと 名を残す

華があっての 男の 男の 男の 男の人生さ


胸にかくした 男の夢を

咲かす散らすも 女の器量

銭の無いのは 心の裏に

秘めて笑顔で 惚れ通す

愛の一輪 かんざしに

華があっての 女の 女の 女の 女の人生さ


高い山ほど 谷間は深い

ころげ落ちたら またはいあがれ

渡る憂き世は 切り紙細工

涙こぼせば しみになる

泣いて笑って 夜が明けて

華があっての 二人の 二人の 二人の 二人の人生さ


おもて通りの ひと筋裏は

のぼる朝日も 遅れて当る

楽を選ぶか 苦労をとるか

とった苦労に 甲斐がある

我慢二文字 腹にさし

華があっての 目出たい 目出たい 目出たい 目出たい人生さ

提供: うたまっぷ