歌詞

かもめの街

ちあきなおみ

作詞
ちあき哲也
作曲
杉本真人

やっと店が終わって ほろ酔いで坂を下りる頃

白茶けたお天道が 浜辺を染め始めるのさ

そんなやりきれなさは 夜眠る人にゃ分らないさ

波止場に出れば カモメがブイに2、3羽

一服しながら ぼんやり潮風に吹かれてみるのが

あたしは好きなのさ

カモメよ カモメよ

淋しかないか

帰る故郷があるじゃなし

おまえも一生 波の上

あたしも一生 波の上

あ~ あ~ ドンブラコ


いろんな人が居たし いろんな人が居なくなった

泣いてくれるのは カモメと霧笛ばかり

一服しながら あれこれ取り止めなく懐かしむのが

あたしは好きなのさ

カモメよ カモメよ

風邪などひくな

絹の寝床があるじゃなし

おまえも一生 波の上

あたしも一生 波の上

あ~ あ~ ドンブラコ

カモメよ カモメよ あ~ あ~

提供: うたまっぷ