歌詞

女のしぐれ

細川たかし

作詞
たかたかし
作曲
弦哲也

雨が降るから 泣けるのか

恋の重さに 泣けるのか

逢えば死ぬほど愛されて

とけて乱れる黒髪の

夜の湯の町 女のしぐれ


かくれいで湯の 湯の花は

一夜あければ 紙の花

想い残さぬはずなのに

女一色染められて

今朝は他人の 別れがつらい


浮いて流れる 恋もある

切れば血がでる 恋もある

今度いつとも聞かないで

傘をあなたにさしかける

雨の湯の町 女のしぐれ

提供: うたまっぷ