歌詞

天国

藤圭子

作詞
荒木とよひさ
作曲
三木たかし

この胸の悲しみを もしも取り出せるなら

あの人のこと いつまでも 慕い続けはしない

この世から 逃げだして 天国へ行けたなら

恨んだことも 雲の上 きっと許せるでしょう

それでも 逢いたくて

想い出が 涙を 連れてくる

生きてきた中で たったひとつの

お守りだったのに…


愛されたことだけで 心支えるけれど

寂しい晩は この身体 人肌恋しくなる

ひとり寝の ため息も 夢のまた夢ならば

今度生まれて きたときは 白い貝になりたい

それでも 切なくて

哀しみが あとから ついてくる

生きてきた中で たったひとつの

天国だったのに…


それでも 逢いたくて

想い出が 涙を 連れてくる

生きてきた中で たったひとつの

お守りだったのに…

生きてきた中で たったひとつの

天国だったのに…

提供: うたまっぷ