歌詞

ソファーにパジャマを座らせて

桂銀淑

作詞
岡田冨美子
作曲
杉本眞人

そして今も冷蔵庫の中

突然来ても困らぬように

あなたの好きな食べ物買って

愛を冷やして待っている


暖めて欲しい物が

この部屋にはいっぱい

ソファーにパジャマを座らせて

明日何時に起こして欲しい? たずねても

目覚まし時計あれからずっと鳴らない

夜がふけると空いちめんのキラ星が

夢を飾った窓辺に落ちてくる


たとえどんな別れ方しても

電話の糸はつながったまま

いない時間にかけて留守電の

声であなたを確かめる


暖めて欲しい物が

この部屋にはいっぱい

シャワーもあなたを捜してる

休暇をとってどこか行こうと話したね

常夏の島テレビの中で光ると

こわれて消えたあの約束を思い出し

ひとりぼっちの夜明けに泣けてくる


暖めて欲しい物が

この部屋にはいっぱい

ソファーにパジャマを座らせて

明日何時に起こして欲しい? たずねても

目覚まし時計あれからずっと鳴らない

夜がふけると空いちめんのキラ星が

夢を飾った窓辺に落ちてくる

提供: うたまっぷ