歌詞

北から南から

島津ゆたか

作詞
阿久悠
作曲
三木たかし

雨の札幌 女がひとり

つららみたいに冷えた指

生まれさいはて稚内

十九過ぎから来たという

あなたみたいな渡り鳥

惚れて苦労をしたという


雨の東京 女がひとり

いつも素顔で訪れて

鳩がふるえる境内で

恋のざんげをするという

あなたみたいな渡り鳥

夢と思えばいいという


雨の金沢 女がひとり

能登の匂いの汽車を待つ

輪島旅したあのひとが

きっと帰りに寄るという

あなたみたいな渡り鳥

だけど心があるという


雨の大阪 女がひとり

橋を渡って店に出る

雨の降る日は化粧して

紅も濃いめにひくという

あなたみたいな渡り鳥

たまに惚れてもいいという


雨の倉敷 女がひとり

傘を斜めに川づたい

はねの上った裾あげて

古い女とそっという

あなたみたいな渡り鳥

泣いて待つのはいやという


雨の長崎 女がひとり

恋の迷路の石だたみ

白いコートの肩さえも

ぬれて重たくなるという

あなたみたいな渡り鳥

ついて行ってもいいという

提供: うたまっぷ