歌詞

昭和ひと桁人生噺

村田英雄

作詞
星野哲郎
作曲
美樹克彦

昭和ひと桁 人生噺

義理が歩けば 情がよける

よけた情に みれんはあるが

こんど生まれて くるときも

男に決めたと 肩を張る


昭和ひと桁 人生噺

やたら男は 好かれるよりも

いやな奴だと 言われていたい

敵がありゃこそ つよくなる

ころんで膨らむ 夢だるま


昭和ひと桁 人生噺

たのみますよと 泣かれたならば

いやと言えずに ない袖ふって

バカをしたがる この俺に

よく似た女房が ついてくる

提供: うたまっぷ