歌詞

宵待橋

島津悦子

作詞
松井由利夫
作曲
伊藤雪彦

指の先から こころまで

ふたりはひとつの つもりでいたの

宵待橋は なさけ橋

縞のお召に 西陣しめて

あなたを待てば

あゝ 遠く京都の 鐘の声


肩をよせあう それだけで

泣きたくなるほど 倖せでした

宵待橋は 出逢い橋

宇治は茶どころ 茶を揉むよりも

この身をよじる

あゝ つらい思いの 川あかり


笹の小舟に 京すみれ

流せばあなたに 届くでしょうか

宵待橋は みれん橋

夢をかぞえて 袂を噛めば

逢坂山の

あゝ 月もなみだの 傘をさす

提供: うたまっぷ