歌詞

天草四郎時貞

中村美律子

作詞
馬津川まさを
作曲
富田梓仁

生まれた時から 神の子と

運命背負った 人の世は

親子の愛も 知らないで

祈り捧げた 十五年

天草四郎時貞の

魂が眠る 有明の里よ


おどみゃ島原の

おどみゃ島原の

キリシタン育ちよ


厳しい世の中 直さんと

銀の十字架 胸に抱く

幾多の農民の 盾になり

教え諭した 人の道

天草四郎時貞の

勇姿が映える 有明の里よ


(台詞)

『おなかをすかせて、泣く我が子に

たった一粒のお米も、食べさせてやれない

親の悲しさ、いくら働いても

年貢を納める事もできない人びと

貧しい者同志こころを寄せ合いながら

神にすがって祈ることが

なんで、なんで一揆なのですか』


一度も母とは 呼べぬまま

神を信じて 明日を待つ

最後の軍 破れても

守り通した 神の道

天草四郎時貞の

魂が写る 有明の海よ

提供: うたまっぷ