歌詞

北海一番船

水田竜子

作詞
里村龍一
作曲
美樹克彦

一、北のオオー 北の港は 雪 雪 雪が降る

海猫が波止場で 鳴いて船を待つ

春よ 早ヨ来い

沖の彼方に 流氷消えりゃ

鮭の季節だ 北洋船だ

海は男の心の 故郷さ


二、惚れてエエー 惚れてみたって 春 春 春が来りゃ

辛い別れの 風が海に吹く

可愛いお前が

泣いて桟橋 駆けだす姿

見たくないから 黙って行くぜ

船はヤン衆の 命だ恋女房


三、波のオオー 波の華咲く 沖 沖 沖をみて

今日も船出の 夢の網をひく

北の男衆は

湯呑み茶碗で 酒くみ交わす

寒い冬でも 心は春だ

俺ら北海 一番船だ

提供: うたまっぷ