歌詞

霧状の港

北見恭子

作詞
松井由利夫
作曲
岡千秋

忘れたつもりの おもかげを

思い出させて 今夜も霧が降る

あんたはきっと 帰ってきます

半年待ったら 待たされついで

紅いはまなす 枯れるまで


北国育ちの 鴎には

嬉しがらせる 嘘などつけないさ

あんたはきっと 帰ってきます

涙を枕に 夜通し酔って

ほろり歌った お立ち酒


あんたの港は わたしだけ

夢の灯りは 消さずに待ってるよ

あんたはきっと 帰ってきます

もうすぐこの霧 霙に変わりゃ

慕情抱えて 冬篭り

提供: うたまっぷ