歌詞

冬・七夕

西方裕之

作詞
木下龍太郎
作曲
聖川湧

貴方を迎える 蛇の目の傘を

雪が白地に 染め変える

一年は 長過ぎますわ

一人待つ身の 女には…

冬・七夕と 名を付けた

年に一度の しのび逢い


女の口から お酒をねだる

早く酔いたい 置炬燵

この指を 憶えています

憎い恋しい 指だから…

乱され燃えた あの夜が

肌を通して 蘇る


一日日付が 変わっただけで

駅へ貴方を また送る

わがままを 言っては駄目ね

夢があるだけ まだいいの…

冬・七夕の 恋ならば

次の逢瀬も 雪見月

提供: うたまっぷ