歌詞

無情のかけら

張銀淑

作詞
荒木とよひさ
作曲
浜圭介

無情のかけらに 男は詫びて

遠い昔を また想いだす

酒を注ぎたす 虚しい心

酔えば 切なく なるだけなのに

抱いてやろうか 子供のように

泣いて疲れて 眠るまで

抱いてやろうか 素肌を温め

いっそ このまま 天国へ


恋がはじけりゃ 涙になって

花が枯れたら また嘘になる

どこで生きても 風吹く胸に

寝ぐら ひとつが あったらいいさ

抱いてやろうか おふくろみたく

泣いて疲れて 眠るまで

抱いてやろうか 命の限り

いっそ このまま 天国へ


抱いてやろうか 子供のように

泣いて疲れて 眠るまで

抱いてやろうか 素肌を温め

いっそ このまま 天国へ


抱いてやろうか 素肌を温め

いっそ このまま 天国へ

提供: うたまっぷ