歌詞

ふたたび長崎

内山田洋とクールファイブ

作詞
木下龍太郎
作曲
大谷明裕

(長崎)ふたたび長崎 想い出たどって

そぞろ歩きの 春雨通り

好きで別れた あの女は

妻と言う名の 花なのか

逢っては(逢っては)いけない(いけない) 仲と言う

ふたたび長崎(長崎) こころ思案橋


ふたたび長崎 別れたあの夜は

海に火がつく 精霊流し

まるで二人の 恋の火が

遠く離れて 行くようで

涙で(涙で)曇った(曇った) 眼鏡橋

ふたたび長崎(長崎) みれん催合船


(長崎)ふたたび長崎 今夜で見納め

石の坂道 オランダ坂よ

男ごころの 気まぐれで

逢ってさざ波 立てるより

守って(守って)あげたい(あげたい) 幸せを

ふたたび長崎(長崎) 祈る天主堂(長崎)

提供: うたまっぷ