歌詞

父娘鷹

歌川二三子

作詞
里村龍一
作曲
岡千秋

(台詞)

この世で一番悲しいことは

親との別れではないでしょうか

返れないけれど

もう一度昔に戻りたいと

思う時があります

どんなに貧しくても昔の方が

あったかさがありました


凩の哭き笛 身に泌む夜は

雪のふる里 越後が恋し

土産話しは いつの日できる

飛んで帰って 詫びたいけれど

父親は故郷の

父親は故郷の 墓の中


父の手をひき 山道越えて

何度通った 村から村へ

泣いて一節 笑って三節

遠い涙の 幼い日々が

今はなつかし

今はなつかし あかね空


(台詞)

見えない目の中で

父はどんな夢を

見ていたのでしょうか

甘い黒豆湯を

倖せそうに呑んでいました

あの頃は

日本中が貧しい時代でした


瞼とじれば 越後の海が

根性なしだと 私を叱る

演歌は浪曲 荒海仕込み

ふたり揃って 舞台へ立った

夢が命の

夢が命の 父娘鷹

提供: うたまっぷ