歌詞

日本海

八代亜紀

作詞
阿久悠
作曲
大野克夫

雨降りだらけの映画のように

すべてがぼやけて行くのです

窓の右てに日本海

海は灰色 雨まじり

あなたとくらした青山裏の

部屋に小鳥をおいてます

窓の右てに日本海

荒れた舟小屋 岩のかげ


すべてが子供の遊びと知って

心がつめたくなるのです

窓の右てに日本海

岬はずれの 浮灯台

煙草をはさんだマニキュアの指

他人のものかと思えます

窓の右てに日本海

浜で凪待つ 舟二つ


出雲の神さま呼んでるような

ポスター見つめて泣いてます

窓の右てに日本海

松がやせてる 岩の上

温泉あたりでのんびりしたら

手紙を書く気も起ります

窓の右てに日本海

屋根のかわらが 変わります

提供: うたまっぷ