歌詞

黒髪ざんげ

金田たつえ

作詞
木下龍太郎
作曲
保田幸司郎

一、罪を背負って この世の中に

女は生まれて 来るのでしょうか

心ならずも 背いた男の

怨み声やら 笹の風

嵯峨野 隠れ家 ああ 黒髪ざんげ


二、いつか馴染んだ 花街川に

流した浮名は いくつでしょうか

どれも真実を 捧げたものを

野暮な世間が 嘘にする

嵯峨野 迷い路 ああ 黒髪ざんげ


三、生きる限りは 男に罪を

重ねて行くのが 宿命でしょうか

髪を束ねて 剃刀当てて

切れぬ迷いの 糸を切る

嵯峨野 白露 ああ 黒髪ざんげ

提供: うたまっぷ