歌詞

炎華一代

京山幸枝若

作詞
三上博司
作曲
三山敏

筑前小倉の名物は

月見櫓に 天守閣

南蛮づくりの小倉城

忘れちゃならない もうひとつ

九州男児の 花と咲く

その名 富島松五郎

ついた仇名が 無法松


荒れて 逆巻く 玄海灘で

産湯使った 勇肌

祇園太鼓の 無法松

意地と度胸で打ち込むバチに

からむ情の からむ情の 乱れ打ち


(台詞)

ぼんぼん どげんしたとな。男ん子がめそめそ泣くもんじゃなか。

陸軍大尉のお父ちゃんの様な、まっこつ強か男になるんじゃ。

玄海灘の荒波は、キリッと気骨ある、男ば育てるんじゃい。

今はのきわの旦那の頼み、酒も喧嘩もぷっつり止めて

ぼんと奥様は守り抜かにゃならんたい


夢も涙も のみ込むように

腹に収めた 恋ごころ

男一代 無法松

命燃やして もろ肌ぬいで

叩く炎の 叩く炎の 暴れ打ち

提供: うたまっぷ