歌詞

上州しぐれ

三門忠司

作詞
里見優
作曲
影山時則

上州しぐれに はぐれた鴉

ちょうど似合いの いそぎ旅

なみだ雨かよ 残した女房の

責めているよな 濡れススキ

ああ 赤城恋しや 里あかり


(台詞)

お月さん、又、

あっしに仲のいい二人連れを

見せつけるんでござんすかい。

手前の連れは 影法師、

風がやけに身に沁みやす。


すねて三年 追われて二年

たして五年の 流れぐせ

夫婦雲とぶ 旅空みても

どうせ浮世の ひとり独楽

ああ 明日は何処やら 風にきけ


草鞋止めた 筑波の宿で

どこか空似の ほつれ髪

泣いているよな 雨音きけば

思い切ない 三度笠

ああ 赤城悲しや 里ごころ

提供: うたまっぷ