歌詞

紅の舟唄

北見恭子

作詞
松井由利夫
作曲
岡千秋

この舟が

酒田港に 着くまでは

わたしはあなたの こころ妻

紅花とかした 恋化粧

エンヤコラマカセの 舟唄に

捨てて涙の 最上川

最上川


少しでも

長く一緒に いたいから

汽車には乗らずに 川下り

あの山向うは 情け宿

エンヤコラマカセの 舟唄に

せめて濡らすな 別れ風

別れ風


泣きません

泣けばあなたを つらくする

みちのく短い 春の夜

ふたりで刻んだ 夢こけし

エンヤコラマカセの 舟唄に

ゆれてゆられて 最上川

最上川

提供: うたまっぷ