歌詞

海鳴りの詩

島津亜矢

作詞
星野哲郎
作曲
船村徹

五体に刻んだ 赤銅色の

シワが男の 五線紙だ

明るい娘に 育てたことが

冥土の母ちゃんへ でかい土産だと

笑う親父の 髭から背中から

海鳴りの詩が 聞こえてくる

ヤンサエー ヤンサエー


酒断ちしてまで 口説いた女

死んだあとまで 恋女房

世間の女が カボチャに見えて

ヤモメを通したね 男盛りをよ

いばる親父の 胸から腕から

海鳴りの詩が 聞こえてくる

ヤンサエー ヤンサエー


母親知らずに 嫁いだ娘

無事に女房を してるやら

初孫祝って 酒のむまでは

倒れちゃなるまいと 波に揺れながら

力む親父の 舟から帆網から

海鳴りの詩が 聞こえてくる

ヤンサエー ヤンサエー ヤンサエー

提供: うたまっぷ