歌詞

うずしお

坂本冬美

作詞
岡田冨美子
作曲
浜圭介

まるで異国へ旅立つような

重い鞄を小雨が濡らす

船が港を離れたとたん

見送るあなたと他人になるの


どこで荷物をほどいたらいいの

愛にはぐれりゃみんなみなし児

止めるあなたを捨てたのに

未練が 未練が

荒波燃やし渦を巻く


かすむ岬の灯りがつらい

昨夜最後のなぐさめをした

もっと私に意気地があれば

あなたが立派になるまで待てた


死んだつもりで追いかけた男

一緒になったら泣かされ通し

止めるあなたを捨てたのに

霧笛が 霧笛が

過去へと船を呼び戻す


どこで荷物をほどいたらいいの

愛にはぐれりゃみんなみなし児

止めるあなたを捨てたのに

未練が 未練が

荒波燃やし渦を巻く

提供: うたまっぷ