歌詞

東京発

堀内孝雄

作詞
たきのえいじ
作曲
堀内孝雄

雨がみぞれに変わる頃

時計の針が昔に戻る

あなたを忘れる 手だてもなくて

心は今も篭の鳥


東京発 北国へ

雪にこの身をさらしたら

断ち切ることが出来ますか

焦がれる思いをひとつづつ


すこしばかりの身支度を

整える度 あなたが映る

こぼれる涙も おもいでさえも

あなたがくれた置土産


東京発 北国へ

肌に寒さがからみつく

吹雪にじゃれる海猫を

下りの電車が追いかける


東京発 北国へ

雪にこの身をさらしたら

絶ち切ることが出来ますか

焦がれる思いをひとつづつ

焦がれる思いをひとつづつ

提供: うたまっぷ