歌詞

花、散る

若山かずさ

作詞
八島義郎
作曲
江口浩司

一、楠の枯葉が 散りしきる

中に今満開の 桜花

思わずもらす 溜め息に

明日は雨だと告げる 風が吹く


二、薄紅の その中に

白く咲いてる 花もある

命はかなや 桜花

そっとよぎっていくよ 見えぬ影


三、吹き巻く風に 舞ながら

歩く小道に 楠の葉が

人に踏まれて 泣いている

花はぱっと咲いて 散っていく

提供: うたまっぷ