歌詞

春雨の宿

若山かずさ

作詞
三浦康照
作曲
市川昭介

一、命ひとつを あなたの愛に

賭けて悔ない 女のこころ

夢で瀬音を 聞きながら

強く抱れた ふたりの夜が

忘れられずに ひとりで来たの

あゝ 追憶が 泣いている 春雨の宿


二、あなた恋しい 想いの糸は

いつになったら 切れるでしょうか

勿忘草が 淋しさが

揺れる谷間の 小径をひとり

今日も涙と さまよう私

あゝ 紫に けむるのよ 春雨の宿


三、花に飛び交う 揚羽の蝶と

同じさだめの はかない恋ね

あなた残した 温りが

夜の湯舟で 哀しく炎えて

濡れた素肌が 面影さがす

あゝ もう一度 逢いたいの 春雨の宿

提供: うたまっぷ