歌詞

祖谷の恋唄

松原のぶえ

作詞
たかたかし
作曲
船村徹

一、祖谷の七谷 今年も暮れて

空がふるえて 雪になる

この胸の この胸の

抱いてはもらえぬ 淋しさよ


(台詞)

白い薄氷もはり

夜が深く沈む頃

熱い吐息が風となって

きょうも里へ吹きおろします


二、お乳はなせば この子がぐずる

わたしゃ涙で 枕抱く

あの人は あの人は

一冬越さなきゃ 帰らない


三、山の吹雪に とじこめられて

女いつ泣く 夜に泣く

春よ来て 早く来て

死ぬほどわたしを 抱きに来て

提供: うたまっぷ