歌詞

惜春通り

山口百恵

作詞
石丸博
作曲
川口真

突然に肩を抱く彼の寒い指がわたしを包む

稲妻のひかる夕空に暗い雲が流れてる

惜春通りでは 花屋のスミレも濡れて

惜春通りでは わかれに酔うひとよ

忘れないで友よ

どこにいても優しい愛を

日溜りを歩いた学生達の街角

ごきげんよう


突然に雨は晴れ樹々の緑萌えてあたたかくなる

そよ風のひかる夕空に白い雲が流れてる

惜春通りでは 制服脱ぐ日も近く

惜春通りでは わかれに酔うひとよ

手紙書くと泣いた

彼の澄んだ瞳を胸に

日溜りを歩こう青春達の街角

ごきげんよう


忘れないで友よ

どこにいても優しい愛を

日溜りを歩いた学生達の街角

ごきげんよう

提供: うたまっぷ