歌詞

ずっと変わらず

原田龍二

作詞
本庄哲男
作曲
SHU

夜明け前の 街の国道 掌あてて聞いている

バイク吹かすエンジン 悩みも消したあの日

窓辺から月が覗く シーツの波間に

頼りない 君のまなざし

寂しさを重ねながら はしゃぎあった頃のふたりが

今も 閉じた目の中に


サヨナラ 愛していたよ いつでも忘れはしない

サヨナラ 振りむく君を 引き止められなかったね

冷えたレールの上 耳をあてたままで

遠ざかった声を捜してる


仲間達のなかで 誰より喋らない君が好きだった

怯えながら肩に 手をかけ抱き締めたよ

伏せた目で涙隠し プラットホームで

最後に 短い握手

祝福は二人だけで 交わしたリングに今はもう

二度と 会えないイニシャル


サヨナラ 愛しているよ 何度も後悔したよ

サヨナラ もう一度だけ 壊れるほど抱き締めて

人込みにまぎれて 誰かの横顔に

君の姿 今も重ねてる


ずっと変わらず

提供: うたまっぷ