歌詞

夢見る頃を過ぎても

岡村孝子

作詞
岡村孝子
作曲
岡村孝子

改札ぬける制服の群れの中に

遠い昔の仲間達が 今も息づいてる

はしゃいだり悩み打ち明けて 夜を越えた

不安な気持ちもてあました みんな離ればなれ

夢見る頃を過ぎても 変わらないものがある

あの日の私に 今なら教えられるのに

こうして時は いつの日も 私を導いてる


恋とか理想探すには少し遅い

こんな世代の私達は どこへ行けばいいの

路地裏でボール追いかける 子供達の

瞳は今日もきらめいてる 少し痛い位

遠い昔にもどって やり直せるとしても

同じ生き方を 迷わず選んでるかしら


夢見る頃を過ぎても 探したいものがある

それが何なのか 今でもわからないけれど

こうして時は いつの日も 私を導いてる

私を導いてる

提供: うたまっぷ