歌詞

君の雨

栗原良次

作詞
秋元康
作曲
栗原良次

ずぶ濡れの君が

泣いていた部屋の前で

僕は 毛布代わりに

両手で ただ 抱きしめた


今は 何も話さなくていい

すべては通り雨さ

君の瞳に

空が戻るまで

何があっても 君だけを守ってあげる


生きて行くことに

疲れてしまった夜に

傘もささず 家を出て

夢を探していたのか?


白いシーツ くるまりながら

テレビをつけたままで

"ある日 突然

死ねたらいいね"と

ポツンと言って

怯えてる 君がいるのさ


悲しみなんて

雨音みたいに

知らない間に忘れるだろう

止んでいるのか?

止んでいないのか?

2人には

大切なことじゃない

愛する君へ


人混みの中で

移された風邪のように

誰のせいでもなくて

夜明けが 近づいていた


雨の中を歩き続けても

答えは出ないだろう

君の寝顔が

唇を噛んで

傘のなかった淋しさを

教えているよ


若さのナイフ

自分に押し当て

確かなもの 求めるけれど

明日は晴れるか?

明日は晴れないか?

急いでも

青空は変わらない

愛する君へ


悲しみなんて

雨音みたいに

知らない間に忘れるだろう

止んでいるのか?

止んでいないのか?

2人には

大切なことじゃない

愛する君へ


もどかしいくらい

愛する君へ

提供: うたまっぷ