歌詞

MAY

吉田栄作

作詞
有賀啓雄
作曲
有賀啓雄

誰でも小さな挫折を

胸に噛み締めて生きてる

眠れぬ夜をいくつも持っている


Ah 午前0時過ぎの

街はモノトーンさ

窓から見える小さな東京タワー

Ah 数えられるほどの

暗い星空は

どうして君をそんなに悩ませる

桜をバックに笑った

新しい君の出発

あの輝きを今も忘れない

おどけているその声が

悲しいほど震えてる

くり返す留守電のメッセージ

響いてる

夜更けの街飛ばして

君の部屋へ急ぐよ

特別な思いは今でも

言い出せないまま


Ah 眠らない都会で

始発が来るまで

ふざけあってる無邪気な学生たち

Ah 去年までの君が

まだそこにいそうさ

意味なく朝まで騒いだバーガーショップ

それでもいつかは離れて

くすんだ時間に追われて

うつ向き顔の大人になってゆく


はしゃいでいるその声が

悲しいほど震えてる

星さえも見えない部屋から

伝えてる

五月の風すり抜け

君のドアを叩くよ

その肩を抱いてしまう事

判っているけど


夜更けの街飛ばして

君の部屋へ急ぐよ

誰よりも話せる友達

君に逢うために

君に逢うために

提供: うたまっぷ