歌詞

真昼の夢の恋人たち

JAYWALK

作詞
知久光康
作曲
杉田裕

まるで時間が

止まりかけてる

そんな午後の街

長くて短い

恋のすべてを

読み返す君は


悲しみにも

微笑んで

優しく手を差し伸べる


涙枯れるほどに

泣いた日のことも

命よりも

大切だった幻も

ひとつひとつ

心のページをめくれば

時計がまた動くまで

君は

真昼の夢の恋人


"占い過ぎて 色褪せた夢"

なんて独り言

君はため息

それでもどこかに

眠る思い出は


寂しくても

微笑んで

優しく聞かせてくれる


何もかも忘れてた

あの日の二人のこと

"夢じゃない"と

確かめたこと

愛したこと

ひとつひとつ

心のページをめくれば

ほんの少し悲しいけど

君は

真昼の夢の恋人

提供: うたまっぷ