歌詞

愛撫

中森明菜

作詞
松本隆
作曲
小室哲哉

絹の靴に 金の刺繍糸

濡れた砂を 駆け寄る

はだけたシャツ 海は傾いて

指が肩にくいこむ

抱きしめてよ 不幸のかたちに

切り抜かれた心を

罪深さが 炎を注いで

沈む夕陽 綺麗ね

愛さないでね 愛してないから

哀しい嘘が ひとひら

戯れだって いくらだましても

眼差しは 正直よ

Lonely Night 人は孤独な星


Lonely Night 瞬いて消える 短すぎる人生なら

眩しく燃えつきるまで 生きたい

Lonely Night 触れれば触れるほど

Lonely Night 遠ざかる身体

だけどいいの 今はいいの

夜空を流れる 流星になりたい

Touch Me, Touch Me,

Touch Me

Through The Night


Touch Me, Touch Me,

Touch Me

Through The Night


Touch Me, Touch Me,

Touch Me

Through The Night


Touch Me, Touch Me,

Touch Me

Through The Night


めぐり逢って しまったんだもの

戻せないの 時間は


あなたの手の 時計を外して 海に投げて沈めた

許さないでね 許してないから憎むくらいに見つめて

柔らかな髪 撫でていた爪が

優しさで染まってく Lonely Night 人は孤独な波

Lonely Night 寄せて返すだけ

逆らうほど 沈みそうで

あなたの背中に しがみついてた

Lonely Night 探せば探すほど

Lonely Night 見失う未来

だけどいいの 今はいいの

夜空を流れる 流星になりたい


Touch Me, Touch Me,

Touch Me

Through The Night


Touch Me, Touch Me,

Touch Me

Through The Night


Touch Me, Touch Me,

Touch Me

Through The Night


Touch Me, Touch Me,

Touch Me

Through The Night


Lonely Night 触れれば触れるほど

Lonely Night 遠ざかる身体

だけどいいの 今はいいの

夜空を流れる 流星になりたい

Touch Me, Touch Me,

Touch Me

Through The Night


Touch Me, Touch Me,

Touch Me

Through The Night


Touch Me, Touch Me,

Touch Me

Through The Night


Touch Me, Touch Me,

Touch Me

Through The Night


Touch Me, Touch Me,

Touch Me

Through The Night…

提供: うたまっぷ