歌詞

あの夏の笑顔に

鶴久政治

作詞
秋谷銀四郎
作曲
鶴久政治

行き過ぎる 人波にはぐれた

君をふと 見つけた夕暮れ


降り出した にわか雨の街と

傘もない 気まずそうな顔


あの日 陽に焼けた笑顔で

好きな彼 できたと打ち明けたね

みんな 幸せになれよと

さびしさも 飲みほした


Smilin' 君は

ひとりじゃない すこしの勇気だけで

やりなおせるさ

Smilin' きっと

何も言わず あの夏の日に 帰ってこい


はしゃいでた 8月を絆に

まだみんな 君を待っている


悪い噂 聞いたけれど

もういいさ 泣き顔なら似合わない

愛を 語るほどはえらく

ないけれど 守ってやる


Shining 君は

もう弱くない 何もなかったように

素顔を 見せて

Shining いまは

涙ふいて 陽射しの中の 君でいて


Smilin' 君は

ひとりじゃない すこしの勇気だけで

やりなおせるさ

Smilin' きっと

何も言わず あの夏の日に 帰ってこい


もう一度

提供: うたまっぷ