歌詞

ワインカラーのせつなさ

水沢瑶子

作詞
大津あきら
作曲
岡本朗

上手な嘘をついて

どうか今は

泣きたくなるくらい

壊れかけの恋

はぐれそうな瞳は

あなたを見ているけど

わざとそらす横顔が

あわてている

街はワイン色

移り気な風が吹き

並べた肩も 離れてくだけ

背中越しに疾る切なさ

あなたに… あなたに…

追いつけない

気楽に落ちた

恋じゃなかったから

悲しみ刺さるほど

痛み出した胸

約束なしにくれた

細い指輪を抜けば

不意に涙 とめどなく

あふれてくる

夢もワイン色

さわがしい人波に

あなたを連れて

消えてゆくだけ

背中越しに映る明日に

独りじゃ… 独りじゃ…

駆け出せない

背中越しに疾る切なさ

あなたに… あなたに…

追いつけない

背中越しに映る明日に

独りじゃ… 独りじゃ…

駆け出せない

背中越しに疾る切なさ

あなたに… あなたに…

提供: うたまっぷ