歌詞

群衆の中の猫

尾崎豊

作詞
尾崎豊
作曲
尾崎豊

悲しみの色に 塗りつぶされて行く

黄昏の街 家路を辿る人ごみの中

愛だけたよりに

雑踏の中に君を探している

時々君を見失いそうになる

きらびやかな街に 君は目を奪われている

上手に笑っても

君の瞳に僕が映らないから

誰も少しずつ 生き方を変えて行くけど

求める愛の姿は変わらないから

Ah… 輝き失なわぬ様

君らしく 生きて欲しいから

やさしく肩を抱き寄せよう

君が悲しみにくれてしまわぬ様に

やさしく肩を抱き寄せよう


群衆にまぎれ込んだ 子猫の様に

傷ついて路頭 さまよい続けているなら

ねえここへおいでよ

笑顔を僕が守ってあげるから

突然降り出した雨から 君をつつむ時

僕のせいで

君が泣くこともあるだろう

Ah… 僕の胸で泣いてよ

何もかも わかちあって行きたいから

やさしく肩を抱き寄せよう

雨に街が輝いて見えるまで

やさしく肩を抱き寄せよう


何を求めて人はさまようのだろうか

君も僕もこの街の中で

Ah… もうおびえないで

君らしく 輝いて欲しいから

やさしく肩を抱き寄せよう

君が悲しみにくれてしまわぬ様に

やさしく肩を抱き寄せよう

こんなに君を愛しているから

やさしく肩を抱き寄せよう

君が悲しみにくれてしまわぬ様に

提供: うたまっぷ