歌詞

ダイアモンドダストが消えぬまに

松任谷由実

作詞
松任谷由実
作曲
松任谷由実

はじめまして 碧いラグーン

紅珊瑚のトナカイたち

貿易風に運ばれて来た

二人だけ真夏のクリスマス

愛してるとスノーケルで

ガラス越しにパントマイム

フィンをゆらしてあなたの影が

サファイアの中吸い込まれてく

Diamond Dust 幾千の泡を見送って

時がとまってた海の底

Diamond Dust 幾億の波を見上げたら

なぜか思いきり泣けた


はじめまして ひとりの冬

クリスマスにさあ乾杯

この日のためにあけずにおいた

冷えたボトルが音をたてるわ

Diamond Dust 幾千の泡をしたがえて

二人旅をした海の底

Diamond Dust シャンパンをそっとのぞいたら

帰りたかったの去年へ


エアの切れた hum ダイバーほど hum

苦しいのよ今も


Fu

Diamond Dust 幾千の泡がきらめいて

昇り続けて消えぬまに

Diamond Dust ほおづえをついて透かしたら

なぜか映ってた あの海 あの空 あの島

提供: うたまっぷ