歌詞

Up townは灯ともし頃

松任谷由実

作詞
松任谷由実
作曲
松任谷由実

ふり返れば Up town の

灯りがふえてゆく

良い年してバッグひとつの家出娘

合い鍵を握りしめて

彼の部屋へと急ぐ

この先に頼るものはその笑顔だけ

いつの日にも危なげのない

道を歩いて来た

でも許して この愛だけはゆずれないの


保障などない明日に

私は賭けてみる

おだやかに過ぎた日々がひきとめても


他に何も 他に何も

何もないと知っている

覚悟きめて 覚悟きめて

信じるまま生きたいの


ふり返れば Up town の (Up town の)

灯りがにじんでる

疲れ果てて帰ることなど(帰ることなど)決してないわ

恩知らずの勝手な私 (勝手な私) 忘れていい (忘れて)

すぐに すぐに (私は忘れて)

忘れていい (私は忘れて)

(私は忘れて 私は忘れて…)

提供: うたまっぷ