歌詞

眠らない街に流されて

MANISH

作詞
大黒摩季
作曲
織田哲郎

黄昏れる海沿いのカフェテラス

優しいバラードは 素直にさせるよ


夢を語る強気なその瞳

時に見せる弱さ 好きだったくせに


どんなに似ててもあなたにはなれないと

冷たい声で背を向けた私 だけど


眠らない街に Ah 流されて

幻を探してる 自分に気付いた

失って見える Oh 愛もある

想い出に変わる前に もう一度 抱きしめたい


人はみんな変わって行くものね

覚えたての歌染まって行くように


駈け回り疲れきった寝顔を

包む幸せも 寂しさに消えた


知りすぎることと分かり合うことは違う

明日を 急いで追い詰めた私 だけど


眠らない街に Ah 流されて

最後の CHANCE 信じてる 自分を見つけた

逃げ出してそして Oh 傷付けて

悔やみながら忘れるより もう一度 愛したい


眠らない街に Ah 流されて

幻を探してる 自分に気付いた

失って見える Oh 愛もある

想い出に変わる前に もう一度 抱きしめたい

提供: うたまっぷ