歌詞

太陽とピストル

永瀬正敏

作詞
M.'EARL' NAGASE
作曲
M.'EARL' NAGASE

夜が溶け出して

二人を包んで隠してる

獣のように 抱いてやる

太陽に向けて

放つピストルの叫びを

確かに二人 聞いていた

ネオンに揺らす雑音の街

二人をカモフラージュする

何処かに 消えてく

音の無い足音

夜に拉致されて

浮かれる人混みに紛れて

今夜の場所を 捜してる

言葉越えた 君への証

無言で刻む 細胞

君だけ守り抜く たとえ息絶えても

飛び交う 暗号 秘密の 謎解き

マクロのサイズで ミクロの君を知る

君とだけ 分かち合う ヒメゴトさ

今夜も離さない


夜が落ちてきて 全てを包んで隠しても

風まとい 駆け抜ける

僕にしか見せない顔 快楽の海の中

淫らに乱れて 笑顔を越えて行く

君の中で僕の鼓動

絶え間なく鳴り響き

非常ベルもかき消す 君の熱い唇

皮膚に指がくいこむほど 強く抱く

ヘビーなローテーション


君のヒューズが飛んで

行き場を失ったら

君の脳波乱れて 壊れそうになったら

いつでも 側へおいで

ここは君の 君だけのfoyer

foyer foyer foyer

提供: うたまっぷ