歌詞

同窓会

米川英之

作詞
井沢満
作曲
米川英之

優しさだけを 貝殻拾うみたいに

想い出の砂 サラサラこぼれてしまう

いま遠く旅してもう一度

巡り逢えたねこの場所で


みんな傷ついた翼を

寄り添いながら温めよう

あの日編みかけのセーター

紡いではまたほどきながら

忘れたコトバ編み込む


涙の数は 誰もがきっと同じさ

想い出の海 心に抱きしめながら

いま遠く旅してもう一度

巡り逢えたねこの場所で


遥か放課後の教室

人差し指でピアノが鳴る

あの日書きかけのLOVE SONG

愛してはまた別れながら

もうひとつ 卒業のPage


いま遠く旅してもう一度

巡り逢えたねこの場所で


みんなあの頃と同じさ

何もかわらず呼びあえるね

いつか会いたいねMEMORY

愛してはまた別れながら

もうひとつ 卒業のPage

提供: うたまっぷ