歌詞

涙のパラシュート

牧瀬里穂

作詞
秋元康
作曲
後藤次利

去年の夏の服に

着替えて

アンティークなミラー

接吻してみた

かすかに 跡のついた

口紅

見えたり 消えたり

万華鏡の花


窓辺のトランジスタレディオ

流れるあの日のメロディー

恋の背中

忘れられない


涙のパラシュート

開いて

ヒラヒラと 思い出が落ちて来る

頬 伝わって

涙のパラシュート

開いて

もう2度と

泣かないと

誓ったのに

強くはなれない


あなたじゃなきゃ だめよ


真赤なバラの花も

いつかは

美しく咲いた

記憶だけになる

あんなに愛し合っていたのに

永遠の中の

一瞬でしかない


壁から剥がしたフォトグラフ

ポツンと残った画鋲

胸の奥に

刺さる切なさ


心にパラシュート

しまえば

あの頃が 冷静に見えて来る

近すぎた2人

心にパラシュート

しまえば

やさしさのボタンさえかけ違えた

若さに気づいた


あなたじゃなきゃ だめよ


涙のパラシュート

開いて

ヒラヒラと 思い出が落ちて来る

頬 伝わって

涙のパラシュート

開いて

もう2度と

泣かないと

誓ったのに

強くはなれない


あなたじゃなきゃ だめよ

提供: うたまっぷ