歌詞

満月

松阪晶子

作詞
松阪晶子
作曲
松阪晶子

言葉を口づけで 奪われる夜は

月夜に照らされて 離れられない


満月の夜はなぜか 胸が騒ぎ出す

声が震えるぐらいに あなたに溶けていた


部屋の灯り静かに消して

握りしめるあなたの影を


通り過ぎる愛を 瞳に焼きつけて

忘れた痛みさえ つながれたまま

言葉を口づけで 奪われる夜は

月夜に照らされて 離れられない


愛の行方に怯えて 一人泣いていた

どうすればすべてうまく 伝えられただろう


素肌を重ねて温もりだけは

両手いっぱい感じてたのに


孤独に揺れている 私を抱きしめて

凍えるこの胸を つかまえて欲しい

数え切れぬ夜を 幾つも乗り越えて

何処までもさまよう 答えを探しに


言葉を口づけで 奪われる夜は

月夜に照らされて 離れられない

数え切れぬ夜を 幾つも乗り越えて

何処までもさまよう 答えを探しに


Oh… Oh… Hu… Hu…

提供: うたまっぷ