歌詞

彼女の瞳

沢田知可子

作詞
沢田知可子
作曲
沢田知可子

避暑地の計画は気の合う仲間集め

出会いの予感 胸ときめかし 晴れた午後のクルーザー


真夏の小道具は 彼女の思いのまま

気づくと ひとり取り残されて 恋の視線消える


無理に焼けた赤い頬が 切なさ隠せない


ヒロインになれないこの夏の

彼女の瞳がまぶしいHoliday

私の中で動き始めた鼓動 止められない


期待の夏休み 溢れる不安残し

人波 早歩きで流れる ひとり重い足音


避暑地の出来事が 夜空を包み込めた

アルバム二度も開けられるほど 熱い写真ないわ


どうしてこんなにこだわり 感じて悩んでるの


今までの私をふり返る

彼女の瞳で目覚めたLonely Heart

私を探す勇気集めて 明日のドアを叩く


今までの私をふり返る

彼女の瞳で目覚めたLonely Heart

私の中で動き始めた鼓動 止められない

提供: うたまっぷ