歌詞

ひまわり

山田晃士

作詞
山田晃士
作曲
山田晃士

ひまわりが揺れている

風もなく Woo

何をも奪わずに抱いてくれ


お前を抱きしめた時

ひまわりの匂いがした

丘の上に微笑む

花の匂いがした


やわらかな陽射しの中

その腕に眠る午後は

正義という名の

仮面を脱ぎ捨てた


情けないくらいに

お前が愛しい

飾らないまぶしさで

俺を照らしておくれ


ひまわりが揺れている

風もなく Woo

このまま傍にいてくれないか

ひまわりが揺れている

風もなく Woo

何をも奪わずに抱いてくれ


安売りのやさしさを

あちらこちら散らかして

独り言の様な

ため息を落とす


気持ちは痛いほど

わかってるさ はじめから

だけど言葉が

欲しい夜もあるだろう


せつない程に

お前に会いたい

そのやさしい指先で

俺の目を伏せてくれ


ひまわりが揺れている

清らかに Woo

このまま眠らせてくれないか

ひまわりが揺れている

清らかに Woo…

何をも奪わずに抱いてくれ

Woo…

提供: うたまっぷ